ルーロー飯のためのポータルサイト

御徒町「新竹」裏道の隠れ家で食べる客家料理

御徒町から昭和通りを渡ってしばらく歩くとなにやら職人がいそうな街に行き当たります。

本当にこんな場所に客家(ハッカ)料理を食べられるお店があるのか?とも思える街ですが

しっかりと地域に根ずいた「新竹」があります。

 

赤い差し色がなければ気づかないような地味で落ち着いた建前。

昼前に伺ったに関わらず、付近の仕事人の来店が絶えません。

 

町中華っぽさもありつつも台湾料理がたっぷりとあります。

客家丼も気になりますがやっぱり頂くは魯肉飯。

 

弁当としても魯肉飯を持ち帰ることができますが、面白いのが中のメニューでは「魯肉飯」

外のメニューでは「滷肉飯」と記載が異なること。

次回は持ち帰りで滷肉飯を頂いてみましょう。

 

魯肉飯と参りましょう。
粗挽きの挽肉タイプで結構八角が香って食欲をそそります。
脂がしっかり落とされていてサッパリと頂くことができ、持たれにくい魯肉飯ではないでしょうか。

味噌のような風味も感じ、さっぱり感もあるため台南の魯肉飯「肉操飯」にも似た雰囲気があります。

 

ご飯がデフォルトで大盛りくらいの量があるので注意してご飯少なめとお願いするのも一つです。
半分くらいのお客がご飯すくなめでお願いされていました。

 

冷蔵庫には大量のヤクルト?らしき乳性飲料が冷えており、ドリンクにでも使うのかなと思っていたら。

 

なんと、ご飯と一緒についていたのでした。

 

台湾では良く食べられているA菜もあり、なかなか楽しそうなメニュー構成です。

夜に何人かで伺って食べたいところです。

 

台湾人が好きな梅や乳性飲料など台湾の雰囲気が強く、是非またきてみたいと思わせる新竹さん。

次は飲みに伺いますよ、ごちそうさま。

 

 





台湾客家料理 新竹

最寄り:JR山手線 御徒町、東京メトロ日比谷線 仲御徒町

住所:東京都台東区台東3丁目14−9

営業時間:11:30〜14:00、17:00〜22:00

休日:日曜

喫煙:喫煙

台湾ビール:あり

台湾客家料理 新竹台湾料理 / 仲御徒町駅御徒町駅末広町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

 

 

SNSでフォローする

まだデータがありません。