ルーロー飯のためのポータルサイト

錦糸町「劉の店」台鉄弁当との二大巨頭である魯肉飯は。

しばしば台湾の鉄道である台鉄、そのホームなどで売られている弁当(便當)。
そのなかで人気なのは豚肉をトンカツのように揚げて味をつけた排骨飯弁当。
台湾らしい金属の弁当箱に入れられて出される台鉄弁当が台湾料理店の「劉の店」さんでは有名ですが、魯肉飯も忘れてはいけません。

 

駅から1分の好立地で人通りも多くランチに伺うにも好都合。

ランチではセットメニューもあり、タンツーメンと魯肉飯のセットがあり今回はそちらを頂きましょう。

 

 

魯肉飯に鶏肉飯、そして焢肉飯もある豪華なメニュー構成でここまで揃っているお店はそうそうないのではないかと感じるほどの品揃えです。

 

なんとなく落ち着くビジュアル。どちらも小ぶりに盛られたセットになっており量もちょうど良く嬉しいセットです。

 

さて、魯肉飯は醤油が効いている少ししょっぱめな味付けです。
脂はあまり感じず肉の味が強調されたあっさりめでしつこくありません。

五香粉は感じられずさらっと食べられてしまう魯肉飯でした。

 

 

タンツーメンは麺がビーフン(米粉)であっさりといただくことができます。上に乗っているのは魯肉。魯肉飯とのセットですが同じ味な分、相性はよく頂けます。

 

スタッフの会話も全て中国語でここは台湾か?とも思えるローカルさもある劉の店さん、価格帯も高くなく台湾らしい食事をしながら飲むこともできそう。次は夜に伺うとしましょう。

 

ごちそうさま。

 

 





アジア台湾厨房 劉の店

最寄り:JR総武線 錦糸町、東京メトロ半蔵門線 錦糸町

住所:東京都墨田区江東橋3丁目12−5 マスカットビル 1F

営業時間:11:30〜15:00、17:00〜23:00

休日:無休

喫煙:分煙

台湾ビール:あり

食べログ

 

 

SNSでフォローする

まだデータがありません。