馬喰町「夕かお 台湾鶏排」階段を降りると異次元だった。

古くから繊維問屋が連なる日本橋馬喰町はオフィス街と同じように昼に人が多く、夜は人気が少なくなる土地、そして昔ながらの飲食店や老舗の飲食店も多くあります。そんな土地の雑居ビルの中に出来た「夕かお」さん、なにかなつかしいもの

READ MORE

川口「雲林坊」地元に根付く担々麺と魯肉飯。

キューポラが有名な埼玉県川口市、鋳鉄の街として栄えてきましたがもう一つの面はサッポロビールの工場があったこと。 サッポロビール園があったほど地元に根付いており、工場が閉鎖された後にはそごうデパートに再開店しています。 そ

READ MORE

東京「台湾フェスタ2019」タピオカストリートへ。

2016年から始まり4回目となる今回の「台湾フェスタ2019」、毎回来場者が増えて来ているイベントですが今回は現在ネコも杓子もタピオカと言われるほどのブームが発生しているタピオカを集め、タピオカストリートをひっさげて代々

READ MORE

神保町「曾さんの餃子」餃子と共に魯肉飯を。

古書街と呼ばれて久しい神保町界隈は本を読みながら食べられるカレー、そして餃子のお店が意外と多くある街です。その中に餃子メインに営業するお店を一つ見つけました。 「曾さんの餃子」は六本木の餃包から派生した餃子メインのお店を

READ MORE

都立大学「TORAU」魯肉飯でアペロしませんか。

東急東横線都立大学駅から5分ほど、過去には都立大学があった土地ですが現在は移転して名前が残り今に至ります。そんな大学のそばに感じる地元を貫く八雲通りには気になるお店がたくさん見つけることができます。そんな通りの中に201

READ MORE

新宿「騒豆花」駅ビルにあるとは思えない台湾を感じる。

日本に上陸した台湾台北の人気店「騒豆花」、台北でも人気であるにかかわらずひっそりと存在し、ここ日本でも新宿駅という大きな駅の駅ビルの中であるにかかわらずひっそりと存在しています。 店名の通り豆乳から作られるスイーツ、豆花

READ MORE

池袋「古都台南担々麺」台湾南部の料理を楽しみたい。

池袋北口エリアには中国や台湾などの飲食店が多く、日本に馴染みつつも現地の食べ物を出すお店があります。 2階や地下など割と目立たない場所にあることが多い池袋エリアでは歩いていて見つけられることは多くありませんが、その分わか

READ MORE

東京「台湾フェスティバルTOKYO2019」初夏の陽気の中に夜市を感じる。

上の恩賜公園・噴水広場で6/20から6/23まで開催されている「台湾フェスティバルTOKYO2019」、今回で3回目の参加です。 毎年少しずつ変わって行く内容で毎回恒例となったライチ種飛ばし選手権は人気のイベントの一つ。

READ MORE

難波「饗・台湾屋台グルメの旅」屋台の味を日本で広めたい。

難波日本橋は東の秋葉原、西の日本橋(ニッポンバシ)と言われるほどに電気関連の問屋と小売店が多いエリアで最近はどちらも電気関連は減り、オタクの街と変貌しオタロードとも呼ばれています。 もともとご兄弟でされていた西中島南方の

READ MORE

天王寺「天王寺ルーローハン」学生の青春の味となる魯肉飯。

大阪天王寺はあべのハルカスや商業施設も増えてきてはいますが、昔より四天王寺を中心とした寺町として長い歴史があり新旧がはっきりと分かれている場所です。そんな昔ながらの場所に4月に開店した「天王寺ルーローハン」さん、名前がそ

READ MORE