日暮里「谷中の華」夕やけだんだんを見ながら。

谷根千を司る一つである谷中。谷中銀座や夕やけだんだんのある日暮里駅。舎人ライナー側に降りると台湾料理の人気店「京の華」と支店の「千の華」があり、さらにそのサテライトとも言うべき支店である「谷中の華」。人通りが多くサクッと

READ MORE

東京「東京タワー台湾祭2018」広くなった夜市

前年は春に東京タワーの北側広場で行われた東京タワー台湾祭。昨今の台湾熱に乗じてかなりの盛り上がりにつき入場制限がかかるほどの人が押し寄せました。今年は南側広場に変わったことでスペースが広くなって開催となりました。 今年の

READ MORE

吉祥寺「台湾茶カフェ 彩茶房」駅地下の穴場

吉祥寺の駅ビルと直通出来るキラリナ。そこはスーパーマーケットや日本茶の販売があるエリアに穴場のようにひっそりと営業している彩茶房さん。タピオカミルクティーを含め、質の高いティーをいただくことが出来るお店ですが、ルーロー飯

READ MORE

東京「Taiwan Plus 2018」文化とマーケットをテーマにした試みは。

都内の台湾関連イベントは食をメインにして夜市をテーマにしたビアガーデンなどを大々的に開催してきたことで発展してきたようにも感じられますが、今回のTaiwan Plus 2018に関しては食より現在の台湾で尖ったモノ、ア

READ MORE

新小岩「赤丸」台湾台南を目指して。

JR新小岩から南へ伸びるルミエール商店街。JR総武線、中央線の駅前には駅から続く商店街にアーケードがかかり、結構な長さのアーケードが続く駅が多くあります。 台湾台南甜香茶 赤丸さんはアーケードの終わりに近い場所にお店を構

READ MORE

神戸元町「楽関記」小籠包とともに。

港町である神戸、昔から船が出入りする港町には各国との交易によって外国の文化が入り、外国人が形成した通りやエリアが点々と存在します。神戸の元町には中華街である南京町があり観光の名所ともなっています。 「楽関記」さんは南京町

READ MORE

新宿「西門食房」新宿西口の教えたくない台湾料理店

新宿駅西口の柏木公園からすぐの場所、飲食店が立ち並ぶ競争が激しいエリアの中にある台湾料理店「西門食房」、店名のサブタイトルとして小籠包と粥と入っているだけにどちらも自信があるお店ですがそのどちらも好きではありますが、今回

READ MORE

屋台「笑い聡」大手町のランチ事情

大手町川端、フードトラックが立ち並ぶエリアがあります。フードトラックは車一つで各所(都内だったり近郊まで足を延ばすトラックも)に巡り、曜日によって並ぶトラックが異なります。タイやキューバ、フランスなどと各国料理が立ち並ぶ

READ MORE

南砂「台湾阿Q麺館」台湾へ迷い込んで食べる魯肉飯。

南砂駅から少し歩いた場所に赤い看板がぽっと現れます。こんなところに?とも思える車通りは多いものの人通りが少ない場所にありますがそこだけは人の気配を感じます。 隣のネパール料理とともに赤い色合いで目立つことこの上なし。 &

READ MORE

谷町六丁目「台風飯店」台風の目となりうるか。

大衆食堂「そのだ」さんから始まったアジア料理の風が強くなり、さらには台風に発展した二号店である「台風飯店」さん。そのだから歩いて1分の場所に2018年4月に開店し、早くも話題となりつつあるお店。店名が「台風」とありますが

READ MORE