th_P1350242

南砂「台湾阿Q麺館」台湾へ迷い込んで食べる魯肉飯。

南砂駅から少し歩いた場所に赤い看板がぽっと現れます。こんなところに?とも思える車通りは多いものの人通りが少ない場所にありますがそこだけは人の気配を感じます。 隣のネパール料理とともに赤い色合いで目立つことこの上なし。 &

READ MORE
th_P1350774

谷町六丁目「台風飯店」台風の目となりうるか。

大衆食堂「そのだ」さんから始まったアジア料理の風が強くなり、さらには台風に発展した二号店である「台風飯店」さん。そのだから歩いて1分の場所に2018年4月に開店し、早くも話題となりつつあるお店。店名が「台風」とありますが

READ MORE
th_P1360967

東京「台湾フェスタ2018」真夏の夜市で乾杯。

代々木公園でおこなれている台湾フェスタ2018、昨年に引き続き今年で3回目。 毎回2日間で10万人が来場する大型イベントです。 今年は残念ながら台風12号の影響で1日目は途中で打ち切りとなりましたが、台風の進路と速度が変

READ MORE
th_P1350688

南森町「同客餃子館」台北で30年も続く行列必至の日本店

台北で長い間行列が途切れない同客餃子館さん、その支店が大阪にありその存在を「食べ台湾」のオフミーティングがあったことで知ることになりました。 屋号に餃子とあるだけあり餃子に力を入れており、餃子の美味しさも有名ですがメニュ

READ MORE
th_P1350270

「要町 有夏茶房」台湾の家に招かれた気分

東京メトロ要町駅の出口を出ると目の前に見える有夏茶房さん。池袋駅から遠いという情報でなかなか伺えなかったお店ですが、よくよく見るとなんのことはない、要町の目の前という駅近なお店です。   建物の外壁は白基調、

READ MORE
th_P1350178

世界のグルメ旅「ルーロー飯」今度はレトルトで簡単に。

世界のグルメ旅としてシリーズを増やしつつあるキナリノフーズが作るルーロー飯。調味料タイプとは異なり、レトルトタイプで湯煎するのみで食べることができるルーロー飯です。   世界のグルメ旅のコンセプトの一つとして、

READ MORE
th_P1340293

那覇「餃子屋 弐ノ弐」行列が絶えない餃子屋で頂くルーロー飯

那覇随一の繁華街である国際通り、国際色豊かな場所柄もあり中華圏の文化も色濃いお店が多い場所です。 弐ノ弐さんはゆいレール牧志に近い場所ですが一本入った場所にありますが、そこだけ人が多いようにも感じられる人気の餃子屋です。

READ MORE
th_P1340913

東京「台湾フェスティバルTOKYO2018」上野公園で宴をしよう。

2018年も引き続き6月22日から6月25日まで上野公園噴水広場にて台湾フェスティバルTOKYO2018が行われました。 今年もライチの種飛ばしとビアガーデンスタイルは変わらずあり、ビールも金牌、フルーツビールも揃えら

READ MORE
th_P1340733

中野坂上「胡坐」一人でも使い易い和中が馴染む場所

3月に開店し、開店当初からルーロー飯が乗っているメニューを見ながら機会を作れずにいた胡坐さん。 日本酒、焼酎などどれも美味しいお酒がラインナップされており、いわゆる居酒屋形態ではありますがルーロー飯などがあるためどんなだ

READ MORE
th_P1320498

札幌「台湾料理 ごとう」すすきのに根付く懐かしの味

札幌のすすきの、そこは夜の街と言っても良いほどの夜に輝くお店ばかり。美味しい酒や料理が食べられるお店も多く競争率も高い地域であります。 そんな場所柄、長く続けられているお店は実力があるお店ばかりで2014年に開店した「台

READ MORE